読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代の生き方

要領よく生きていく術を共有します。

MENU

スピード違反で捕まらないために...

Hatena

fast forward




今日、車で自宅に帰る途中の出来事でした。

今後は違反をせずに、制限速度内での運転をしようと心に決めるも、

どうしても、

「どうしたら捕まらないだろう」

と考えてしまうのが人間の性。

スピード違反ってどうやって捕まるの?

ネズミ捕り

f:id:app28:20160804233626j:plain
by AUTBAHN

一般道における取り締まりとして、最もメジャーな方法です。

普段通っている道に速度を検出する機械が設置されます。

その付近で制限速度を大きく超えて走っていると、機械によって検出されます。

そして、100メートルほど先で警察官に車を止められ、処分を言い渡されます。

覆面パトカー

Polícia


高速道路でよく行われている方法です。

追い越し車線を飛ばしていると、急に車が真後ろを同じ速度でついてくる。

ここでこっそりと速度を測り、数秒して超過速度が確定すると、

パトランプが点灯して「路肩にとめてくださーい」といわれます。

オービス

f:id:app28:20160804233125j:plain
by Carcast

高速や主要道路にところどころある、写真のアレです。

機械の少し手前でスピード違反を検知しており、検知されるとフラッシュが光り、

写真を撮られます。

後日、車の所有者のもとに出頭を要請する通知が送られてきます。

なお、通知までの期間は数週間です。


大前提:スピード違反をするな!

これが大前提です。

スピード違反は、事故をもたらす一因です。

この大前提を忘れてはいけません。

ぼくも戒めます。


レーダー探知機を車に備える

ネズミ捕りの機械が発しているレーダーを探知して、ピピッと教えてくれる便利器具

それが、レーダー探知機です。

5,000円程度から売っているので、捕まった際の罰金を払うより圧倒的にお得。

人気の商品は、以下のとおりです。

なお、ネズミ捕りにもレーダー以外の種類(ループコイル式等)があるので、それらの場合は

残念ながら探知できません。

10,000円クラス

セルスター(CELLSTAR) ASSURA OBD?対応 コンパクトモデル 日本製 3年保証 VA-710E

セルスター(CELLSTAR) ASSURA OBD?対応 コンパクトモデル 日本製 3年保証 VA-710E

30,000円クラス


15km/h以上の超過をしない

スピード違反といえど、警察はすべてを取り締まっているわけではないのです。

警察は、については大きな関心を示していないようで、

15km/h未満の超過で検挙されている確率は、

なんと0.002%程度です。

gendai.ismedia.jp



少なくともオービス周辺では、30km/h以上の超過をしない

オービスの検出対象は、以下のとおりというのが通説です。

  • 高速道路  40km/h以上の超過
  • 一般道路  30km/h以上の超過

オービスの手前では、これを超過しないようにしましょう。

逆に言えば、オービスがピカッと光れば、一発免停です。


さいごに

さまざまな取り締まり方法をうまくすり抜けて、少しでも早く移動する術はいくつかあります。

しかし、幾度も言いますが、スピード違反は行政罰が課される「法律違反」です。

事故につながる行動であることを認識したうえで、日々の運転をしてくださるようお願いします。

(ぼくも自戒します)

以上、「スピード違反で捕まらないために...」でした。

広告を非表示にする